eスポーツニュース

事もあろうにプロゲーマーである東京都立川市在住の戌亥知行さん(33歳)が空き巣の容疑で3月31日に逮捕された模様です。彼は活忍犬と言う愛称で格闘ゲームでも名高いデッド・オア・アライブの元世界チャンピオンというから業界では驚きを隠せません。令和2年の2月某日の昼下がり。彼は東京都練馬区に住む84歳の女性宅に侵入して現金260万円を盗んだという事です。彼は概ね罪を認めてガラスを割って居間に侵入した事を認めています。又、彼の自宅から盗んだ現金の一部や窃盗道具も見つかった既成事実より否認出来ない模様です。eスポーツ業界においては有名人でもあることから何故に又、戌亥知行さんが窃盗などをしてしまったのかとざわついています。供述によりますと2016年より100件位の余罪があるとの事。

eスポーツ界激震!活忍犬の失態!

本人曰くゲームの世界では稼ぎにくくなり生活費の為だったとプロゲーマーの嵯峨とも言うべき浮き沈みの激しい背景を物語っている様です。かつて彼はストリートファイターもどきの格闘ゲームであるデッド・オア・アライブシリーズのトッププレイヤーでした。彼はeスポーツ界では実力派で名を馳せていました。彼のデッド・オア・アライブシリーズのプレイスタイルはゲームの各

キャラクターをメインキャラクターの様に操り大会ごとに複数のキャラクターを使い分けてどんどん勝ちに進んでいき結果を残した言わば仕事人と言えるでしょう。今さら聞けないeスポーツとは?エレクトロニクスポーツの略でコンピューターの対戦型ゲームを世界中のゲーマー達で接戦を繰り広げています。このeスポーツは歴史こそ浅いですが欧米を初め韓国、中国、そして日本へと舞台は広がり始めたのでした。対戦によって賞金が発生して大きな大金やスポンサーが動いて今や21世紀のビッグイベントとなったのでした。今やインターネット上でのゲーマー達のお遊びの域を超えて世界のeスポーツ視聴者は2億1600万人をも超えるとすいていされてカジノ業界にも迫る一大産業と大化けしたのです。巨大なアリーナなどで開催されて数万人ものファンやサポーターたちの集いで観戦して更に100万人以上ものウオッチャー達がライブストリーリーミングに白熱している状況なのです。

様々なゲームのタイプ

eスポーツ業界も有名ですが、それに比例する人気があるのがオンラインカジノです。オンラインカジノでプレイできるのは、少しの種類の数のゲームだけではありません。今のオンラインカジノはランドカジノ並み、またはランドカジノ以上ものゲームの種類を取り揃えております。オンラインカジノによっては500種類から1200種類ものゲームを取り揃えており、バラエティ豊かなゲームも楽しむことができます。例えばオンラインスロットがお好きなプレーヤーは、自由気ままにご自宅からスロットプレイを楽しめます。オンラインスロットは特に難しいルールもなく、ボタンを押すだけの簡単なクリック操作でゲームを楽しめます。入金も実際にコインを投入するわけではないので、手間や時間がかからず、オンライン上で入金をすればすぐにゲームを始められます。また、オンラインカジノの場合、賭け金も自分の予算に合せて自由に設定ができるので、少ない金額でプレイする事もできます。

オンラインカジノは誰もがハイローラーでなくても、遊べるのです。オンラインカジノには、マカオやベガスなどのランドカジノと同じく億単位とも言われる高額な賞金が狙えるジャックポットスロットも数多く取り揃えています。 数億円もの賞金が当たる魅力的なジャックポットゲームは、オンライン上でプレイできるので、わざわざ着飾ってカジノに行く必要もなく、ご自宅からパジャマでオンラインスロットをプレイしている中、ジャックポットが当たったという話もあります。ジャックポット機能のついたオンラインスロットの金額は、数百万円から数億円と様々なものがあり、一撃 クリックで一攫千金になったというケースもあるのもオンラインカジノの魅力の一つです。ジャックポットと言えば、夢のような話にも聞こえがちですが、実際あるオンラインカジノ過去に日本人の主婦 が1億円のジャックポットを当てたことがニュースになり、ネットや雑誌 などで取り上げられた事もあります。そのニュースに伴い、オンラインカジノの知名度も高くなり、最近では高額の賞金を獲得する日本人プレイヤーも日々増えてきています。

doau

2005年当時、活忍犬こと戌亥知行さんも若干20歳の若さシンガポールで開催されたWorld Cyber Games DOAUという大会において15000USドル(約170万円)もの大金を手にした事は他のゲーマー達に夢を与えたものでした。この頃、まだeスポーツと言えばマイナーなスポーツで人気絶頂期の現在と比較しても認識度も低く日の目を浴びない暗澹たる時代だったようです。その頃から活忍犬こと戌亥知行さんは様々なゲームで生計を立てたようです。今でこそ海外で行われる大きな大会では億をも狙える賞金が沢山ありますがその当時は賞金もマックス10万円というロープライス。しかも日本国内では賭博罪なる法律や景品表示法、風俗営業法などがんじがらめの法律により縛られて法規制を回避すべく時代で一攫千金を得る事は容易ではない様でした。彼は2015年からデッド・オア・アライブシリーズも下火となり本人も結果を出せずに実際にゲームオンリーで生計を立てる事は困難な状況下だったのでしょう。eスポーツ業界においても年をとると能力が衰えて現役プレイヤーを持続する事は困難でコーチに転換するプレイヤーもただあるようです。沢山稼げる時に稼ごうとするスポーツプレイヤーが多い事も理解出来ます。そうかといって犯罪に手を染めてしまうことは言語道断です。以前に打開策はなかったのでしょうか?本当に残念の極みと言えるでしょう。